子育ても仕事も、新たな選択肢 コワーキングスペース、仙台に開所 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワークスペースの目の前にはキッズスペースが設けられている=仙台市青葉区で
ワークスペースの目の前にはキッズスペースが設けられている=仙台市青葉区で

 親子で利用できる会員制コワーキングスペース「親子プラス仙台」が今月、仙台市青葉区大町にオープンした。コワーキングスペースは市内に少なくとも19カ所あるが、親子利用が可能なのは初とみられる。子育てと仕事を両立する親の新たな選択肢になりそうだ。

 コワーキングスペースは、デザイナーや写真家などのフリーランスや若手起業家ら異業種の人が集まる共同の仕事場。新型コロナウイルスの流行後は、テレワークを導入した企業の従業員の利用も広まっている。

 親子プラス仙台では、ブースやカウンター席から子どもの遊ぶスペースが見渡せるように配置。仕事中は保育士や子育て支援員などが子どもを世話し、子育て相談にも対応する。授乳や急な発熱への対応ができるため安心して仕事ができる。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文714文字)

あわせて読みたい

ニュース特集