メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「高原列車」姿伝える 古関裕而代表曲のモデル、沼尻軽便鉄道 貴重映像DVD、福島市などに寄贈 /福島

DVDに収録されている沼尻軽便鉄道の画像=沼尻鉱山と軽便鉄道を語り継ぐ会提供

 福島市出身の作曲家、古関裕而をモデルにしたNHKの連続テレビ小説「エール」の放送に合わせ、猪苗代町の住民グループ「沼尻鉱山と軽便鉄道を語り継ぐ会」と中ノ沢温泉旅館組合が、古関作曲の「高原列車は行く」のモデルとなった沼尻軽便鉄道の映像を収録したDVDを市に寄贈した。観光客呼び込みで連携を深めるのが狙いだ。【渡部直樹】

 「高原列車は行く」は1954年に発売された古関の代表曲の一つ。小野町出身の作詞家、丘灯至夫(おかとしお)が作詞した。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです