矢板移住の林業者支援 市推進協が新事業 家賃補助など /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 矢板市や木材生産者らで構成する市林業・木材産業成長化推進協議会(会長・斎藤淳一郎市長)は、UIJターンで移住した若手林業従事者らを支援する事業を始めた。矢板市は県内屈指の優良な林業先進地。新規雇用の促進と森林整備の加速化を図ることで、林業の活性化を目指す考えだ。

 事業は、UIJターンで市内に転入した45歳以下の林業従事者を対象に、家賃月額(自己…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集