メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お中元商戦ピーク おうち需要、新商機に 百貨店、感染対策を徹底 /群馬

待合スペース(奥)では、間隔を空けてイスが設置されている=高崎市の高崎高島屋で2020年7月2日午前10時45分、妹尾直道撮影

 県内の百貨店でお中元商戦がピークを迎えた。各店は客同士が密接にならないよう一定距離を確保するなど、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底。外出自粛ムードで遠出する機会が減る中、自宅向け商品の取り寄せ需要も高まっており、商機をつかんでいる。【妹尾直道】

 高崎市の高崎高島屋6階に開設されたギフトセンターでは、「3密(密閉、密集、密接)」回避のため、商品陳列棚の間隔を2メートル確保し、待合スペースの面積を広げてイスの間隔を1・5メートル空けた。さらに、試食…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです