渋沢栄一読本に改訂版 読み物教材を倍増 深谷市教委、全児童生徒に配布 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
埼玉県深谷市教育委員会が刊行した3種類の「福沢栄一翁 こころざし読本」
埼玉県深谷市教育委員会が刊行した3種類の「福沢栄一翁 こころざし読本」

 深谷市立の小中学校で授業の副読本などとして活用する「渋沢栄一翁 こころざし読本」の改訂版が発行され、児童生徒全員に配布された。市教育委員会が独自に編集、製作。市出身の実業家、渋沢栄一(1840~1931年)が2024年度からの新1万円札の顔となることが19年に決まったことなどをきっかけに、既存の内容を大幅に充実させた。改訂版は20年4月から各校で使われる予定だったが、新型コロナウイ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集