メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学

大変、でも損ばかりでない

 新型コロナウイルスのために、病院が大変なことになりました。

 こうした感染症では入院しなければならないので、すぐに病院がいっぱいになってしまいます。そうなると、他の病気の患者さんにまで十分に手が回らなくなるので、大変なのです。これを短く「医療崩壊」などと呼んでいます。

 感染症は医者や看護師にもうつるので大変です。わたしの友人の医師たちも、病気をもらった人が何人もいます。

 新型コロナウイルスに限らないのです。わたしが若い頃に多かったのは結核でした。父は10人兄弟でしたが、半分以上、結核で死んでいます。今は結核の治療法ができているので、昔ほど心配な病気ではありません。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです