メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重への愛着、率直に 乱歩エッセー70点集める 「伊賀文学振興会」発行 伊賀広域 /三重

「うつし世の三重」(右)を発行した伊賀文学振興会のメンバー=三重県伊賀市役所で2020年6月大西康裕撮影

 名張市出身の推理小説作家、江戸川乱歩(1894~1965年)のエッセーから三重に関係した70点を集めた「うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集」が刊行された。伊賀地域ゆかりの作家、作品の研究、広報をしている「伊賀文学振興会」が発行した。福田和幸代表=伊賀市=は「探偵小説は複雑だが、エッセーは読みやすく、率直に三重への愛着が語られている。三重と乱歩の関わりを知ってほしい」と話す。【大西康裕】

 同書はB6変型判168ページ。振興会メンバーの中相作さん=名張市=が編集した。タイトルは乱歩が好んで色紙などに書き、名張市の生誕地の石碑にも刻まれた「うつし世はゆめ よるの夢こそ まこと」にちなむ。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです