メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重への愛着、率直に 乱歩エッセー70点集める 「伊賀文学振興会」発行 伊賀広域 /三重

「うつし世の三重」(右)を発行した伊賀文学振興会のメンバー=三重県伊賀市役所で2020年6月大西康裕撮影

 名張市出身の推理小説作家、江戸川乱歩(1894~1965年)のエッセーから三重に関係した70点を集めた「うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集」が刊行された。伊賀地域ゆかりの作家、作品の研究、広報をしている「伊賀文学振興会」が発行した。福田和幸代表=伊賀市=は「探偵小説は複雑だが、エッセーは読みやすく、率直に三重への愛着が語られている。三重と乱歩の関わりを知ってほしい」と話す。【大西康裕】

 同書はB6変型判168ページ。振興会メンバーの中相作さん=名張市=が編集した。タイトルは乱歩が好んで色紙などに書き、名張市の生誕地の石碑にも刻まれた「うつし世はゆめ よるの夢こそ まこと」にちなむ。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです