メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海電鉄、アプリで座席譲り合い スマホ登録でマッチング機能 高齢者、妊娠女性らに対応 /大阪

「譲ることができる人」のスマホ画面。「ゆずります!」か「ごめんね」を選択すると「譲ってほしい人(妊娠されている方)」に通知される=南海電鉄提供

 南海電鉄は6月30日、専用アプリケーションの新機能「席ゆずりあいアシスト」のサービスを始めた。スマートフォンへの無料登録制で、「電車の座席を譲ってほしい人」と「譲ることができる人」とをマッチングする。高齢者や妊娠女性らに席を譲りやすくなり、同社は「優しい車内環境づくりを目指したい」(広報部)としている。

 南海によると、「譲ってほしい人」には高齢者、妊娠女性、身体障害者らが登録できる。「譲ることができる人」の登録には制限はない。「譲ってほしい人」がスマホの画面上の「ゆずってください」ボタンをタッチすると、「譲ることができる人」のスマホに回答を求める通知が自動的に配信される。通知が届く範囲は車両1両分。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです