連載

新型コロナの現場@山陰

毎日新聞デジタルの「新型コロナの現場@山陰」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

新型コロナの現場@山陰

聴覚障害者ら交流再開 手話交え和気あいあい /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
久しぶりの再会に笑みをこぼす森田忠正理事長(左から3人目)ら=米子市両三柳で2020年6月22日、阿部絢美撮影
久しぶりの再会に笑みをこぼす森田忠正理事長(左から3人目)ら=米子市両三柳で2020年6月22日、阿部絢美撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で膨大な情報が錯綜(さくそう)する中、手話を使ったり相手の口の動きを読み取ったりしてコミュニケーションをとる聴覚障害者たちは強い不安を抱いてきた。社会で当たり前になったマスク着用に意思疎通を妨げられ、3密対策で会合が開けず情報交換が滞る。だが緊急事態宣言が解除された5月中旬以降、再び交流を活発化させている。【阿部絢美】

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文862文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集