メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土讃線・入明駅 駅名標除幕式 愛称「志の龍馬駅」に 像も新設、知事ら祝福 /高知

除幕された「志の龍馬」像の前で拍手する浜田知事(右から3番目)ら=高知市の入明駅で2020年7月3日、松原由佳撮影

 JR四国は、新たな観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」が4日から運行を開始するのに合わせて、坂本龍馬生誕の地に近い土讃線の入明駅(高知市幸町)の愛称を「志の龍馬駅」にした。3日に入明駅で愛称入りの駅名標と「志の龍馬像」の除幕式があり、浜田省司知事と岡崎誠也市長らが参加して祝福した。【松原由佳】

 入明駅は、高知市上町1の「坂本龍馬先生誕生地」の碑から約1キロ北に位置する。JR四国によると、駅は学生ら若者の利用が多い。龍馬などをモチーフにした観光列車が運行を始めるにあたって、愛称を決めた。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです