メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国安法、香港沈黙 雨傘主導者、海外脱出/抗議スローガン撤去

羅冠聡氏(右から3人目)

 中国の香港に対する統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)が施行されてから3日。香港の検察が初めて国安法違反で起訴に乗り出しただけでなく、町中から抗議のスローガンが撤去されたり、民主活動家が海外に脱出したりする事例も相次ぐ。「1国2制度」で守られていた自由が奪い取られる中、市民は恐怖で口を閉ざし始めている。

 「光復香港 時代革命」(香港を取り戻せ 今こそ革命の時だ)――。2019年11月、香港中心部にある飲食店のウインドーには、黒地に白抜きのポスターが張られていた。その周りには「香港に自由を!」などと付箋にコメントを書き込んだ「レノン・ウオール」と呼ばれるボードも設置されていた。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです