メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自衛隊装備品オークションへ 防衛相「F35、1機分の収入を」

海上自衛隊護衛艦「やまゆき」の操舵輪=防衛装備庁提供

 河野太郎防衛相は3日の記者会見で、退役した輸送機操縦かんなど自衛隊装備品を一般に販売する初のオークションを26日に実施すると発表した。財政状況が厳しい中、河野氏は最終的な金額目標として、「(1機100億円以上の最新鋭ステルス戦闘機)F35の1機分の収入を上げたい」と意気込みを語った。

 オークションは、防衛省講堂で参加定員450人程度で行い、防衛装備庁ホームページに参加方法を掲載する。出品を予定するのは、海上自衛隊護衛艦「やま…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです