19年度税収 3%減58兆円 米中、コロナで法人税12%減

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 財務省が3日発表した2019年度の一般会計決算は、税収総額が前年度比3・2%減の58兆4415億円となり、3年ぶりに前年度を下回った。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞し、法人税が減少したことが響いた。昨年末に見積もった60兆1800億円にも届かず、2年ぶりに60兆円を割り込んだ。

 法人税は12・3%減の10兆7971億円。米中貿易摩擦による世界経済の減速や相次ぐ災害に加え、年度末に起こった新型コロナの感染拡大…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集