メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

渡辺崇人さん=「コオロギせんべい」を共同開発した

渡辺崇人さん

渡辺崇人(わたなべ・たかひと)さん(35)

 施設内で卵から育てたコオロギを使った「コオロギせんべい」を、無印良品で知られる良品計画(東京都)と共同開発した。食用コオロギの養殖や加工食品販売の徳島大発ベンチャー「グリラス」(徳島県鳴門市)の最高経営責任者で、徳島大大学院助教を務める。

 昆虫食は、国連食糧農業機関(FAO)が2013年に食糧不足解決策の一つとして挙げ、注目された。コオロギは牛やニワトリに比べて少ない餌で短期間に育ち、丸ごと食べられる。エビのような香ばしい風味も魅力だ。

 徳島大の学生時代に研究を始めた。生き物の形成に遺伝子がどう影響するかなどを学ぶ発生生物学のモデルに選んだのが契機だった。16年に徳島大で生物資源産業学部ができた際、「コオロギで社会の役に」と食用化に乗り出し、19年春に共同研究者らと起業した。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです