メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『洪水と水害をとらえなおす』=大熊孝・著

『洪水と水害をとらえなおす』

 (農文協プロダクション・2970円)

川と共生するには

 日本人の自然観はアニミズム――つまり、山であれ、木であれ、岩であれ、神が宿るというものであったということから本書ははじまる。

 この考えは、自然の摂理に順応して生きる日本人の自然観を生んだ。だがそれは、明治以後、西洋技術思想の流入によって生まれた自然を制御するという考えとは対極にある。

 著者は治水技術の専門家である。本書を貫くものは、近代土木技術によって、川の流れを制御していくという明治以来の旧建設省的発想か、自然の水の流れを尊重しながら治水を行うか、の二つの対比である。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです