メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 失意のスノーリゾート 予約激減、消えた訪日客 長野・野沢温泉村

例年なら観光客が多い観光名所「麻釜」は閑散としていた=2020年6月20日午後5時半、島田信幸撮影

 安倍政権の成長戦略の切り札であるインバウンド(訪日外国人客)の誘致に成功した代表的なスノーリゾート、長野県野沢温泉村が揺れている。新型コロナウイルスで外国人の予約が激減したからだ。国内の移動制限は解除されたが、海外との行き来は当分認められそうにない。温泉街でインバウンドの恩恵を受けた人たちは何を思うのか。

 移動制限が解除されて初の週末となった6月20日、村内を歩いた。「横浜」「練馬」など他県のナンバーの車はみかけたが、外国人客は一人もいない。国天然記念物の「麻釜(おがま)」のまわりも静かだった。

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです