特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

西村担当相、小池都知事と会談 「高い緊張感を持って警戒共有」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小池百合子東京都知事らとの会談後、記者会見に臨む西村康稔経済再生担当相=内閣府で2020年7月4日午後5時20分、手塚耕一郎撮影
小池百合子東京都知事らとの会談後、記者会見に臨む西村康稔経済再生担当相=内閣府で2020年7月4日午後5時20分、手塚耕一郎撮影

 西村康稔経済再生担当相は4日、内閣府で東京都の小池百合子知事と会談し、新型コロナウイルスの都内の感染者が3日連続で100人以上となったことを受け、連携を強化する方針を確認した。西村氏は会談後の記者会見で「東京都の感染者は若い人が多い。PCR検査の陽性率はまだ低く、病床はしっかり確保できている。今の時点で緊急事態宣言を直ちに発出するような状況にはない」との見方を示した。

 会談には新宿区の吉住健一区長、豊島区の高野之夫区長が同席し、ホストクラブやキャバクラといった接待を伴う飲食店の従業員や客など「夜の街」の関係者への対策を中心に協議。積極的なPCR検査の実施や、ガイドラインの順守などを強化していくことを確認した。西村氏は会見で「高い緊張感を持って警戒すべき状況であるということを共有しながら、国と東京都、区が連携して対策を強化していくことで一致した」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文602文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集