メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境に優しいギンザケ養殖、輸出視野に国内初の国際認証取得 宮城・女川

ASC認証を取得したギンザケを手に取る買い物客=仙台市青葉区のイオン仙台店で2020年7月3日午後5時22分、藤田花撮影

 宮城県女川町の水産会社「マルキン」が、環境に配慮した養殖に与えられる国際認証「ASC」を国内で初めてギンザケの養殖で取得した。認証の取得で輸出に弾みをつけ、海外産のサーモンやギンザケに押され気味の国内市場でも、県産ギンザケへの評価を高めようと奮闘している。【深津誠、藤田花】

 「責任ある養殖、持続可能な漁業」。6月26日、仙台市のスーパー「イオン」の店頭に並んだギンザケの切り身の前には、大きな青い看板が掲げられた。ASC認証の水産物の取り扱いをいち早く進めるイオンが、国内初の認証を得たマルキンのギンザケを90店舗で売り始めた。7月に来店した同市太白区の佐藤幸子さん(60)は、「認証は知らなかったが、環境に役立つなら、娘や孫と食べてみたい」と言い、パックを手に取った。

 国内では水産物の環境問題は認知度が低いが、欧米ではスーパーなどの量販店が取り扱う商品の判断に、ASCなどの国際認証の有無が重要なケースが多い。ASCの取得には、エサの魚粉や魚油の原料が、乱獲などで水産資源に影響のある漁業によるものではないことや、いけすの周囲の海洋汚染が発生しないよう、酸素量や水温の定期的なモニタリングなどが求められる。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです