メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド、TikTokなど中国アプリ使用禁止に 6月の両軍衝突で対抗措置か

抗議のため中国の習近平国家主席の写真に火を付けるインドの活動家ら=北部ジャムで1日、AP

 インド政府が、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など59のアプリの使用を禁止した。中国企業を高速道路事業から締め出す方針も示す。中印国境問題が再燃し、6月に両軍が衝突してインド側に20人の犠牲者が出たことで対抗措置を取ったとみられている。

 インド政府は6月29日、59のアプリの使用禁止を発表。大半が中国企業が提供するアプリで、短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」なども含まれる。政府は「利用者情報が国外のサーバーに不正に流出しているとの報告がある」と説明した。

 また、地元メディアによると…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです