メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア改正憲法が発効 プーチン氏、北方領土問題への影響を初めて示唆

憲法改正案の承認を受け、国民の「支持と信頼」に感謝を述べるプーチン露大統領=7月3日、AP

 ロシアのプーチン大統領は3日、領土割譲禁止条項を含む憲法改正が「国民の期待に沿うものだった」と強調した。全国投票で78%の賛成を得た憲法改正案は、プーチン氏の署名を経て4日に発効した。

 プーチン氏は改憲作業部会のメンバーとの会合でこの条項に触れ「このテーマが特別な意味を持つ地域の住民たちの現地報告を、多くの人が見た」と発言。2日に北方領土の国後島で、同条項の条文を刻んだ記念碑の除幕式があり、発言はこの報道を指すとみられる。

 プーチン氏はさらに…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです