信号無い環状交差点「ラウンドアバウト」、大分で実験 交通改善確認、本格導入へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本格導入を目指す社会実験中の「ラウンドアバウト」=大分県宇佐市安心院町で2020年6月28日、津島史人撮影
本格導入を目指す社会実験中の「ラウンドアバウト」=大分県宇佐市安心院町で2020年6月28日、津島史人撮影

 信号機のない環状交差点「ラウンドアバウト」の社会実験を、大分県が宇佐市の安心院支所前の交差点で開始して8カ月が過ぎた。県は交通状況を調査した結果、交差点内の車のスピードが緩やかになったり車列が短くなるなど、期待した効果が認められたとして、本格的な設置に向けて準備を進める方針だ。21年度の導入を視野に入れる。【津島史人】

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1023文字)

あわせて読みたい

注目の特集