メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

したたる黄金色 ニホンミツバチの採蜜始まる 北九州・小倉北

蜂蜜が詰まったニホンミツバチの巣箱=北九州市小倉北区の山田緑地で2020年7月2日、松田栄二郎撮影

 北九州市小倉北区の山田緑地で、飼育しているニホンミツバチの採蜜が始まった。指定管理者のNPO法人「グリーンワーク」(舛本哲也会長)のメンバーが、森の中の飼育場に設置した6段重ねの巣箱から1段を切り離し、園内の事務所に持ち帰って箱から巣を取り出すと黄金色の蜂蜜がしたたり落ちた。

 2日に来園した親子には蜂蜜が振る舞われ、「風味がいい」などとおいしそうに食べて…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです