特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

辞職の広島・安芸高田市長、再出馬せず 「けじめつけたい」 8月の市長選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
辞職の議会同意を受け、一礼する広島県安芸高田市の児玉浩市長=安芸高田市で2020年7月3日午前10時11分、手呂内朱梨撮影
辞職の議会同意を受け、一礼する広島県安芸高田市の児玉浩市長=安芸高田市で2020年7月3日午前10時11分、手呂内朱梨撮影

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区、同=から現金60万円を受け取り、広島県安芸高田市長を辞職した児玉浩氏(57)は4日、辞職に伴う市長選(8月2日告示、9日投開票)に立候補しない考えを明らかにした。

 児玉氏は再出馬について、辞職の同意を得た3日の臨時市議会の後、報道陣に「白紙の状態」と話していた。4日の毎日新聞の取材に、後援会幹部らと相談して立候補しないことを決めたと説明し、「けじめをつけたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文576文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集