木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
木村響子さん(右)と学生時代の花さん=響子さん提供
木村響子さん(右)と学生時代の花さん=響子さん提供

 フジテレビの人気リアリティー番組「テラスハウス」に出演し、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷の末に22歳で亡くなった女子プロレス選手の木村花さんの母響子さん(43)が4日、取材に応じた。時折涙もにじませながら、花さんが急死する直前に「(相手を)ビンタしろとスタッフからあおられた」と語っていたことや、SNSに誹謗中傷を書き込んだ人たちへの思いを語った。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

「にぎやかな性格で、みんなにかわいがってもらいました」

 花さんは、響子さんが20歳の時に出産。花という名は、「呼びやすく、みんなにかわいがられそう」と名付けた。生後3カ月ごろからシングルマザーとなり、女手一つで育ててきた。幼少の頃から、響子さんの友人たちが集まった場では、人の輪の真ん中で踊り出す子だった。「にぎやかな性格で、みんなにかわいがってもらいました」

 インドネシア人を父に持つ。小学校に入ると、「インドネシアに帰れ」といじめられた。学校から泣いて帰ってくることもあったが、不登校にはならず、通学しつづけた。中学校、高校では、ダンスやモデル、アイドル活動に興味を持った。響子さんは、花さんが「やりたい」と言うことは全力で応援した。自身も女子プロレス選手だった響子さん。「15年間の現役生活、欠場せずに頑張って試合してきたのは、花のために頑張りたいという気合が原動力でした」

 花さんがプロレスに興味を持ち始めたのは、高校生のころ。アクション女優になりたいという思いから、次第に夢はプロレスラーへ。18歳でデビューした。「すごく向いていると思ったし、一生懸命打ち込める居場所ができて良かったなと、安心しました」

テラスハウス出演は「女子プロレスを広めたい」という思いから

 昨秋からのテラスハウスへの出演は、「女子プロレスを広めたい」という思いからだったという。「『テラハを見て、初めて女子プロを見に来ました、というお客さんがいた』とうれしそうに話していました」

 だが、昨年末には家族にも「やめたい」と…

この記事は有料記事です。

残り1703文字(全文2549文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集