初仕込みのロゼ、4種1200本を販売 帯広のワイナリー /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初仕込みのワインを手にする相沢一郎代表(左)と父で農場長の龍也さん=北海道帯広市で
初仕込みのワインを手にする相沢一郎代表(左)と父で農場長の龍也さん=北海道帯広市で

 昨年9月に開設された帯広市のワイン醸造所「相澤ワイナリー」の初仕込みのロゼワイン4種類が4日、発売された。計約1200本を運営する「あいざわ農園」のウェブサイトで販売している。

 同ワイナリーは十勝地方で2カ所目、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所以来56年ぶりにできた醸造所。あいざわ農園はこれまでも育てた無農薬ブドウを使…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集