メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西金-袋田駅間、運転再開を祝う JR水郡線 /茨城

駅に降り立った観光客らを高梨哲彦・大子町長やJR職員らが横断幕を持って出迎えた=茨城県大子町袋田のJR袋田駅で

[PR]

 昨秋の台風19号で被災して一部区間が不通となっているJR水郡線は4日、西金―袋田駅間の運転を再開した。

 大子町の袋田駅では運転再開の歓迎セレモニーが開かれた。午前10時34分着の列車から約60人が降り立つと、高梨哲彦町長らが「ようこそ袋田駅へ」とメッセージが書き込まれた横断幕を掲げて出迎え。袋田の滝の観瀑(かんばく)施設などに使える無料券や奥久慈りんごサイダーなどを配った。

 東海村から夫(42)、長男(7)と3人で訪れた女性(40)は「被災前にも遊びに来た路線で、電車好きの息子は車窓から食い入るように沿線を見つめていた。この後は袋田の滝を見て、おいしいものを食べて帰ります」と話した。

 高梨町長は「(駅舎から)最初の一人が見えた時、胸が熱くなった。観光に加え、学生を車で送り迎えしていた保護者の負担軽減にもなる」と運転再開を歓迎した。

 水郡線は、久慈川に架かる橋が流失した袋田―常陸大子駅間が引き続き不通。今後は水戸―袋田駅間、常陸大子―郡山駅間で折り返し運転し、不通区間は代行バスを運行する。全線での運転再開は、橋の架け替え工事が終わる来夏ごろの見込み。【田内隆弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです