メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長生村、ふるさと納税好調 村長のお礼の電話貢献 返礼品の人気に加え /千葉

村長室から電話をかける小高陽一村長=千葉県長生村役場で

 県内唯一の村、長生村に寄せられるふるさと納税の寄付額が好調だ。2018年度は県内1位となり、19年度もトップクラスを維持する見込み。ギフト券などで市税の2倍以上の寄付を集めた大阪府泉佐野市の例が示すように、ふるさと納税は返礼品の人気度が反映されるが、長生村の場合はそれだけではなさそうだ。【金沢衛】

 総務省の調査によると、同村への寄付額は16年度に1億円を突破し、17年度に3億5000万円、18年度は6億2644万円と急増。県内では17年度まで2年連続1位だった勝浦市を退けて初のトップに立った。19年度は村の集計で4万7525件、7億9250万円。19年度は台風被害の大きかった南房総地域への寄付が集中して県内首位の座は譲る見通しだが、金額は過去最高となった。返礼費用などを除いて実質的な収入額は19年度は約4億円に上り、年間予算68億円、村税収入16億円の村にとっては大きな財源となる。

 返礼品はコメやソバなど農産物の他に、村内に本社を置く水産加工会社が扱うカニやエビなどで近隣自治体と大きな差はない。海産物が返礼希望全体の半分を占めて人気を押し上げてはいるが、小高陽一村長は「毎年寄付してくれるリピーター率が6、7割にのぼり、口コミのおかげでファンが広がっている」と分析する。こうした「長生ファン」を増やすのに貢献しているとみられるのが、16年から始めた小高村長自ら寄付者に直接かける…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです