メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 被災地での石綿被害防止へ講演 長野 /長野

[PR]

 「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」長野支部は4日、アスベスト(石綿)被害者や遺族らに向け、被災地の石綿問題についての講演会を長野市で開催した。

 新型コロナウイルスの感染を避けるため、参加者は会員に限定。同支部事務局の成田博厚さんが、過去の大地震時の石綿被害例を紹介し、被害防止に向けて「防じん用マスク」の着用法を指導した。

 石綿は発がん性物質で建材などに含まれる。加工や破損の際に空気中に飛び散り、吸い込むと数十年後に中皮腫などを発症する可能性がある。県内では2019年の台風19号被災地で公費解体による飛散も懸念される。

 講演会後には交流会が開かれ、参加者は亡くなった家族の闘病や労災認定の経験を共有し、親交を深めた。成田さんは「石綿の問題は過去の話ではないと知ってもらいたい」と語る。同支部への電話相談は070・5251・9840へ。【皆川真仁】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです