メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

Go to Togo /京都

 <活字を楽しむ>

 (中須俊治著 烽火書房、1500円(税抜き))

 「ぼくはシューカツをやめた」。最初のページを開きどきりとした。4月に入社した私も、1年前の今ごろは就職活動をする立場だったからだ。筆者の中須俊治さんは京都生まれ、育ち。滋賀県で過ごした大学生活では3年の夏が終わったころに就活を始め、「周りの正解が自分にとっての正解とは限らない」と中断した。就活に正解を見いだそうとしなかった彼の姿勢に、強く興味が湧いた。

 中須さんはその後、インターネットのNGOのサイトで、西アフリカに位置するトーゴ共和国のラジオ局がスタッフを募集しているのを知る。「納得いく方法で人生を決めたい、誰も見たことのない景色を見よう」とアフリカ行きを決意した。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです