メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・撮っておき

浜田市 石見神楽面 「軽さ」が生む勇壮な舞 /島根

石見神楽面を製作する柿田勝郎さん=浜田市熱田町で2020年7月2日午後1時36分、竹内之浩撮影

 日本遺産でもある県西部の伝統芸能、石見神楽。浜田市熱田町の柿田勝郎さん(78)の工房には、そこに登場する神話の神や鬼たちの面、大蛇(おろち)の蛇頭(じゃがしら)などが所狭しと並ぶ。木彫りに見える精巧な面は和紙製。頭がすっぽり入る蛇頭で重さ2・5キロ程度。観客を魅了するテンポの速い勇壮な舞は、軽くて…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです