メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

トランプ米大統領の指導力 同盟国を導く役割重要=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=手塚耕一郎撮影

 トランプ米大統領の就任から間もなく3年半を迎え、私たちはトランプ政権がどのように動くのか分かってきた。過去の大統領に比べ、この政権について多くを見聞きしてきたから、ボルトン前大統領補佐官の暴露本が出版されても、さほどの影響を与えない。ただ、この本が関心を集めていることは間違っていないと思う。なぜならば、米国の将来と世界に及ぼす影響を、思いのほか鮮明に浮かび上がらせているからだ。

 多くの報道では、トランプ氏への批判や資質への懸念を取り上げている。外交政策をいかに自身の政治的優位性を得るために利用してきたか。独裁者に便宜を図るため、司法妨害を日常化することをいかにいとわなかったか。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長との会談では、いかに認識が甘かったか。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです