メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 医療従事者を最優先 コロナワクチン接種 政府検討

 新型コロナウイルス感染症の終息の鍵となるワクチンの実用化をにらみ、政府は専門家会議を廃止して新設する「感染症対策分科会」(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)でワクチン接種の優先順位を決める議論に着手する。医療提供体制の確保が感染症対策の大前提となることから、医療従事者へのワクチン接種を最優先とする方針だ。感染した場合のリスクが高い高齢者や基礎疾患のある人も優先度を高める方向で検討する。

 新型コロナを予防するワクチンは世界で開発が進むが、パンデミック(世界的大流行)下で各国が争奪戦を展開しており、日本でも実用化の当初から国民に行き渡る量を確保するのは困難とみられている。西村康稔経済再生担当相は3日の記者会見で、週明けに初会合を開く分科会の役割について「ワクチンが開発された場合の接種のあり方も議論をしてほしい」と表明。接種の優先順位付けが主要な議題となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです