メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 テレワークは定着するの?=回答・宮崎稔樹

企業慣習が高い壁に 導入、労使に利点多く

 なるほドリーマン君 テレワークが広まっているね。

 記者 新型コロナウイルスの感染拡大で4~5月に政府が出した緊急事態宣言を受け、導入する企業が増えました。東京商工会議所が会員約1万2000社を対象に5月下旬~6月上旬に行った調査によると、テレワーク実施率は67・3%と半数を超えました。テレワークは、英語の「遠い」(Tele)と「働く」(Work)を合わせた単語で、会社に出勤せず自宅や共用オフィスなどを使って仕事をすることです。場所にとらわれない働き方で、インターネットなど情報通信技術(ICT)が発展したことで可能になりました。2011年の東日本大震災をきっかけに危機管理の面から注目されましたが、導入はベンチャー系のIT企業など一部にとどまっていました。

 Q 緊急事態宣言は解除されたけど、続けている企業は多いの?

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た「第3波を防げなかった理由」

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです