「テラハ」出演、故・木村花さんの母 「スタッフにあおられ…」告白受けた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
木村花さん(左端)と響子さん(右端)。この日は花さんの祖母の誕生日会だった=響子さん提供
木村花さん(左端)と響子さん(右端)。この日は花さんの祖母の誕生日会だった=響子さん提供

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷の末に22歳で亡くなった女子プロレス選手の木村花さんの母響子さん(43)が4日、取材に応じた。フジテレビの演出や、SNSに誹謗中傷を書き込んだ人たちへの思いを語った。

 花さんが昨秋からテラスハウスに出演したのは、「女子プロレスを広めたい」という思いからだった。だが、昨年末には家族にも「やめたい」と漏らすようになっていた。夜遅くまでの撮影に疲れていたことに加え、ネット上の誹謗中傷も気にしていた。

 3月末に配信の「コスチューム事件」が誹謗中傷が激化するきっかけだった。出演者の一人がプロレスのコスチュームを誤って洗濯して使えなくなり、花さんが相手の帽子をはたいて強く抗議する場面があった。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文783文字)

あわせて読みたい

注目の特集