メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

今なお有色人種差別 「美白」意識から転換を

松尾貴史さん作

 色鉛筆やクレヨンから「はだ色」の文字が消えてどれくらいたつだろうか。メーカーによってはこの表現を続けているところがあるのかもしれないが、このまま死語になっていくのだろうと思う。

 日本は昔から単一民族の国ではないけれど、少なくとも「はだ」という言葉で想起する「色」は、誰しもがほぼ同じだったのだろう。

 人種を肌の色で赤・白・黒・黄などと分けるようになって長い時がたっているのだろうが、21世紀が始まってから20年近くがたつ現在も、「先進国」と呼ばれる国々ですら、いまだに有色人種差別が大きな社会問題になっている。

 幾度となく繰り返されてきたデモや、それに便乗した暴動が、新型コロナウイルス感染が拡大し続けるアメリカでも頻発している。きっかけとなった痛ましい事件は、ここだけは21世紀らしく映像に記録され世界中に拡散した。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです