香港政府、図書館で民主派著作閲覧禁止 「完全な自治」訴える本も 早くも言論統制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国家安全維持法を批判するプラカードを手に行進する市民=香港・銅鑼湾で2020年7月1日、福岡静哉撮影
国家安全維持法を批判するプラカードを手に行進する市民=香港・銅鑼湾で2020年7月1日、福岡静哉撮影

 香港各紙は5日、公立図書館が民主派の一部の著作について閲覧と貸し出しを禁じたと報じた。香港政府は、「独立」や「革命」などの主張を禁じる国家安全維持法(国安法)の施行が理由だと説明しており、早くも言論統制が始まったとみられる。今後は出版物への検閲も予想され、出版業関係者からは「海外での製本を検討する必要がある」との声が出ている。

 香港紙によると貸し出し禁止対象は、▽民主活動家、黄之鋒氏の著作2冊▽民主派立法会議員、陳淑荘氏の著作1冊▽香港の「完全な自治」を主張してきた作家、陳雲氏の著作6冊――の計9冊。香港全土の公共図書館でこの9冊は計約380冊あるが、いずれもホームページで検索すると「検査中」との表示が出て、閲覧や貸し出しができない状態となっている。香港政府の文化担当部局は地元紙の取材に「公共図書館は香港の法律に従わな…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集