メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界で展開、「孔子学院」名称変更か 政府系中国語教育機関 イメージ一新狙う?

孔子学院総部が開いた世界孔子学院大会に世界各地から参加した人々=中国南西部・成都市で2018年12月3日、AP

 中国政府が世界各国で展開する中国語教育機関「孔子学院」について、中国教育省が本部の名称を「孔子学院総部」から「中外言語交流センター」に変更すると、香港紙などが報じている。孔子学院については、世界各国の大学に併設され中国語教育を推進する一方、中国共産党の影響力を拡大するための機関との疑念も持たれており、名称変更でイメージの一新を狙った可能性も指摘されている。

 名称変更に関しては中国のインターネット上で、教育省作成とされる文書が出回っていたが、香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(電子版)は4日、変更の指示があったことを教育省関係者に確認したと報じた。孔子学院総部の別名でもある「中国国家漢語国際普及指導班弁公室(漢弁)」も対外的には使用しないという。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです