メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ジム行けない今こそ差が出る」 42歳、健康美日本一へ自分磨き

健康美を競う大会で日本一を目指す大竹仁美さん=名古屋市昭和区白金2のスポーツジム「スタジオ・ウイン」で2020年7月2日午後3時49分、野村阿悠子撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一時営業自粛を求められるなど苦しい状況に置かれたスポーツジム業界。しかし、名古屋市のジム「スタジオ・ウイン」のトレーナー、大竹仁美さん(42)にとって、ジムは「人生が変わるきっかけになった大切な場所」だ。体を動かす楽しさを伝えながら、自らも「健康美日本一」を目指してトレーニングに励んでいる。【野村阿悠子】

 2019年、健康的な肉体美を競う「ベストボディ・ジャパン」の全国大会で準グランプリに輝いた。観客を前にポーズを決め、スポットライトを浴びる。数年前までは、そんな自分の姿など想像もしていなかった。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです