メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨2年 各地で追悼の祈り いまも500人以上が避難生活 広島

 広島県内で災害関連死を含む149人が犠牲になった西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報が発出されてから2年を迎える。仮設住宅などでなお500人以上が避難生活を送るなか、被災した県内各地では5、6日に追悼式が開かれ、遺族らが亡き人に手を合わせる。【池田一生、中島昭浩】

 追悼行事のうち、広島市内では5日午前9時、安芸区矢野西6の市立矢野小正門前に設けた慰霊碑の除幕式があり、6日にかけて東区や安佐北区でも追悼式がある。6日には災害関連死を含む20人が犠牲に…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

  5. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです