メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大量の土砂・倒木、救助難航 熊本豪雨 1人死亡2人行方不明の津奈木町

 熊本県南部の記録的豪雨で土砂崩れが発生し1人が死亡、2人が行方不明になっている同県津奈木町の山田豊隆町長が5日に記者会見し、行方不明者の救助に全力をあげる考えを示した。同町福浜の現場では警察や消防、自衛隊など200人以上が5日朝も救助活動を続けているが、大量の土砂や倒木が積み重なり難航している。

 町によると、住居被害も全半壊5世帯、一部損壊19世帯、床上・床下浸水18世帯に上った。

 避難所にはピークの4日朝時点で52世帯100人が身を寄せた。町は新型コロナウイルスの感染予防のため避難者にマスク着用と検温を求め、3密を避けるため互いの距離も空けるようにしているが、間仕切りに使うパーテーションが不足している。「感染が怖い」と言って車中で過ごす人もいて、一時15台が敷地内の駐車場に並んだという。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです