メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

看護師・保育士の「卵」実習できず 代替授業でも経験不足の不安 新型コロナ

名古屋市立大ではバーチャルシミュレーションを使い、学生と救命救急センターの模擬実習が行われた=名古屋市瑞穂区で2020年6月23日午後4時40分、ガン・クリスティーナ撮影

 新型コロナウイルスの影響で、東海地方でも、看護師や保育士などを目指しながら資格取得に必要な実習を受けられずにいる学生が増えている。養成校では、代替授業として電子教材を使った模擬実習を取り入れるなど、専門教育を実施するために試行錯誤を続けているが、実習不足を不安視する声も多い。

 名古屋市立大看護学部(名古屋市)の研究室のパソコン画面に、病院のベッドに横たわる女性患者の画像が映し出された。女性は40代。気管支ぜんそくの病歴があり、昼食にエビを食べた後、多呼吸や呼吸困難、全身の発疹などの症状を訴え、病院に運ばれてきた――と想定した。

 「事前情報だけで考えると、患者さんの主訴は何でしょう」。主訴とは、患者が訴える症状のなかで、特に重視すべきこと。教員の質問に、オンラインで自宅から参加している学生が「気管支けいれん」と返答した。教員と学生が使っているのは、実際の臨床現場を再現して患者への処置や対応を学ぶ電子教材「バーチャルシミュレーション」だ。画面…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです