建物2階から4人の遺体 1人は警官と判明、残りは不明の消防隊員か 静岡・工場火災

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5日午前1時35分ごろ、静岡県吉田町川尻の「レック静岡第2工場」(鉄筋2階建て、延べ約7000平方メートル)から出火し、午後4時前に建物2階の焼け跡から4人の遺体が発見された。建物に入った消防隊員3人、警察官1人の計4人と連絡が取れず、県警は、遺体の1人はこの警察官と確認されたと発表し、残る3人も消防隊員とみて、身元の確認を急いでいる。

 静岡市消防によると、行方不明の消防隊員はいずれも吉田消防署の男性で、万年章人消防司令(52)▽金原敬訓消防司令(45)▽森西雄也消防士長(38)。防火服を身につけ、無線を持って工場に入ったが、午前2時15分以降、無線連絡が途絶えた。また県警によると、牧之原署地域課の関口孝隆巡査長(43)は「中を見てくる」と同僚に話して建物に入った後、連絡が取れなくなった。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文666文字)

あわせて読みたい

注目の特集