メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「外見コンプレックスをネタにする宣伝、やめませんか」 大学生の署名反響 グーグルが広告削除

「外見を蔑視する広告、やめませんか?」と訴える署名キャンペーンを始めた村田葵さん=2020年6月23日、ウェブ会議システム「Zoom」から

 「体形などを卑下する広告、やめませんか?」。外見の特徴を欠点としてあげつらい、コンプレックスを刺激して商品を宣伝するインターネット上の動画広告への批判が上がっている。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で流れるこうした広告に抗議する署名キャンペーンが大きな反響を呼んでいる。一体、何が問題なのか。【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2428文字)

藤沢美由紀

2007年入社。山口支局、熊谷支局、八王子支局、東京本社社会部、医療福祉部(現くらし医療部)を経て2020年春から統合デジタル取材センター。LGBTなど性的少数者に関わる教育、医療、職場、法、家族などの問題を中心に取材。当事者団体と有志記者による「LGBT報道ガイドライン」作成に参加。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです