メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

大泉洋さん/4止 心底人を笑わせたい

「生きる」=大泉洋さん撮影

 いやあ、さっき仕上げました。

 半紙を前にして何を書こうか悩んでいたら、自然と「生きる」という字が浮かんできて。やはりコロナのご時世なのかなと思います。その周りに好きな字を書いたら、なんか面白くなって、こんな形になりました。右上の「共に」はやはり「コロナと共に」「みんなと共に」という思いですね。あと、僕は人を笑わすことしか興味がない人間なんで、もうこれは性(さが)としか言いようがないです。

 役者をやる上では、バラエティー番組でバカなことやるのは得策ではないと思います。真面目なことをしてもコミカルに見られてしまうので。自分の素を見せない方がその役で見てもらえますから。でも、やっぱりとことんバカなことをして心底人を笑わせたいと思ってしまうんですよね。それでもしっかりお芝居を見てもらえる役者になりたいですね。この企画のお陰で、自分のことを考えさせられました。【聞き手・藤原章生】

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです