メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

ダーウィンと「進化」=永山悦子

自民党が公開した憲法改正をテーマにした漫画「教えて!もやウィン」。多くの専門家や学会から批判の声が上がった=自民党のウェブサイトより

 ダーウィンは、「種の起源」の第5版まで「進化」という言葉を使っていなかった。当時、生物の進化は「転成」と表現していたのだ。「進化」という言葉について、生物学史研究者の松永俊男さんは著書「チャールズ・ダーウィンの生涯」で「『進化』には『目標をめざした進歩』という意味がからみついている。(中略)(進化を使えば)進歩を含意していると理解し、進化論は人間社会にも拡張できると考えるのは当然の成り行きであった」と解説する。

 だからといって、誤った解釈を、そのまま使っていいことにはならない。最近話題になった自民党の憲法改正に関する漫画のキャラクター「もやウィン」だ。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです