メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

撮影現場も様変わり=勝田友巳

続佐々木小次郎のエキストラは400人だった

 新型コロナウイルスを警戒しながら、映画界もソロソロと動き出した。映画館には新作が届いて客足が少しずつ戻り、撮影の再開も聞こえてくる。とはいえ以前の通りとはいかない。日本映画製作者協会などはガイドラインを作って、撮影現場での感染防止を図る。一人でも感染者が出れば撮影はまた中断、ヘタをすれば製作中止だ。

 ガイドラインには、マスクの着用や手洗いと消毒、換気などのほか、1人あたり4平方メートルの空間確保▽セットでは最大50人▽出演者のオーディションはリモートで▽メーク用具を再利用しない――など、3密を避ける方策を提示する。場面設定も、群衆シーンは撮影が難しいとして「社会的距離の確保が可能な設定に極力変更すること」を求め、「身体的な接触が必要なシーン」では俳優に「前後に手洗いと口唇・口腔(こうこう)内…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです