メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12日、ABCお笑いグランプリ 12組の熱風、生中継

リモートで行われた「ABCお笑いグランプリ」決勝進出者の発表会見。決勝でMCを務める南海キャンディーズ・山里亮太(左)とABCテレビの川添佳穂アナウンサー=ABEMAより

 漫才やコントなどジャンルを超えて若手芸人が競う「第41回ABCお笑いグランプリ」が、12日午後2時25分から大阪市内で開かれる。ABCテレビ、インターネットテレビ「ABEMA」で生中継される。新型コロナウイルスの影響で賞レースが相次いで延期や中止となったため、コンテスト開催は久しぶり。自粛期間にたまったエネルギーがぶつかり合う、熱い戦いになりそうだ。

 「ABC漫才・落語新人コンクール」として1980年に始まり、若手芸人の登竜門として知られるコンテスト。芸歴10年以内の若手が対象で、ジャンルの“異種格闘技戦”が特徴だ。エントリー480組の中から決勝に進んだのは、オズワルド、カベポスター、からし蓮根(れんこん)、コウテイ、さや香(か)、世間知らズ、そいつどいつ、滝音(たきおん)、チェリー大作戦、ビスケットブラザーズ、フタリシズカ、ベルサイユの12…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです