メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警が河川敷で災害時救出訓練 久慈川 /茨城

緑色のビブスをつけた要救助者をゴムボートで救助する警察官ら=茨城県常陸大宮市の久慈川で

 県警は、昨秋の台風19号で氾濫した久慈川の河川敷(常陸大宮市)で、災害時の救出訓練を実施した。警備課や機動隊、6警察署などの警察官約70人が参加。例年は100人規模で実施していたが、今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小した。

 訓練は、ゴムボートやヘリコプター、ロープを使った救助訓練。ゴムボー…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです