メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州スポーツ点描

ボクサー(スーパーバンタム級)・勅使河原弘晶さん(30) 壮絶人生、自ら切り開く /群馬

今年世界王者戦に挑む勅使河原弘晶選手=東京都練馬区で、2020年6月22日午後3時10分、菊池陽南子撮影

 <上州スポーツ点描(スケッチ)>

世界一の努力で王者狙う

 東洋太平洋ボクシング連盟(OPBF)の東洋太平洋スーパーバンタム級王者で富岡市出身の勅使河原弘晶選手(30)=輪島功一スポーツジム=は今年世界王座戦に挑む予定だ。相手を徹底的に追い込む戦い方から「クラッシュボーイ」の異名を持つボクサーは、幼少期に虐待を受け、10代で非行を繰り返した。壮絶な半生とボクシングとの出会いを振り返った。【菊池陽南子】

 東京都練馬区にある三迫ボクシングジム。熱気のこもった中、黙々とサンドバッグに拳を打ち込む。「パン、パン、パン」と鈍い音が室内に響き、鬼気迫る表情には“殺気”が漂う。この日のメニューは3時間の対人練習と打ち込み。練習を終えると表情は和らぎ、笑顔でトレーナーやジムの仲間と談笑した。

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです