メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期休校明けの中学生をサポート 勉強指導や悩み相談、NPOが企画 岐阜 /岐阜

スタッフと共に勉強に励む中学生たち=岐阜市明徳町の市中央青少年会館で

 岐阜市明徳町の市中央青少年会館で5日、長期休校明けの中学生向けに、大学生らが勉強の指導をしたり悩みの相談に乗ったりするイベントがあった。

 NPO法人コミュニティサポートスクエアの杉浦陽之助代表(52)が企画し、生徒の学習支援に取り組む他の民間団体が協力した。5日は市内の中学生4人が参加。ボランティアの大学生を含む5人のスタッフが見守る中、間近に迫る定期テストの勉強をしたり、笑顔を見せながら雑談したりしていた。

 昼食には、市内の子ども食堂運営者らが協力し、カレーライスが振る舞われた。参加した岐阜市立中学3年の男子生徒(14)は「将来はシステムエンジニアになりたい。高校や大学に行きたいので勉強しないと」と、歴史の教科書をめくっていた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです